レーシック手術に際しての手術給付金と医療費控除の利用の勧め

視力の弱いに人にとって視力回復が望めるレーシック手術は非常に有難い存在です。
私も昔から視力が弱く、日常生活でも眼鏡やコンタクトレンズが手放せない状況でした。
しかし、レーシック手術をした知人から、実際に手術をして視界が明瞭になったことで世界が変わったということを聞くに及び、自分もレーシックをするに到りました。
実際に手術を受けようと思った時に、まず懸念したこととして、レーシックは基本的に整形手術と同じように自由診療(保険外診療)で、健康保険が適用されないということでした。
手術にお金は付き物ですが、健康保険外になると手術費が高額になってしまいます。
私と同じような心配をされる方も多いことでしょう。
しかし、幸いなことに私が手術をお願いしたクリニックに関しては、そのような金銭的な相談にも親切に説明をして下さり、レーシック手術でお金が返ってくる方法が2つあることを教えてもらいました。
具体的には、手術給付金と医療費控除という方法です。
まず1つ目の手術給付金に関しては、生命保険や医療保険など一般の民間保険会社に加入していた場合に適用され、手術をすることで給付金を受け取ることができるというものです。
私の場合は民間の医療保険に加入をしていたので、適用され数万円戻ってきました。
保険会社によって差異があるので、加入されている方は確認することをお勧めします。
なお、支給を受ける場合には診断書が必要となります。
2つ目の医療費控除については、確定申告によって払いすぎた税金分を税務署から返してもらう方法です。
いわゆる還付金というものです。
まず、医療費控除の条件として、1月〜12月までの1年間で「本人、またはその家族に支払った医療費は10万円以上」の場合に医療費を確定申告することで、還付金として支給されます。
レーシック手術は一般的に手術費に10万円以上かかってくるので、この条件が適用されるというわけです。
手術の際の領収書は必ず取っておくことをお勧めします。
こちらの医療費控除に関しても、もちろん私も申告をしましたので、手術給付金と併せて総合的にレーシック手術をかなりお得にすることができました。
手術を考えている方は利用しない手はありません。
ただ、医療費控除に関しては、何点か留意するべき点があります。
基本的なことですが、医療費控除は年末調整では処理されないため、必ず自分で税務署で書類を貰い、税務署に確定申告をするということです。
多少面倒でしたが、手術費のことを考えればたやすいことです。
この2つの返金によって、私は10万円ほどお金が返ってきましたし、全てにおいて良い手術をしたと思っています。
レ―シック手術をしたいと考えている方は是非今回の私のようにこのような制度を考慮しながら検討をすることをお勧めします。
レーシックにかかる費用と時間につちえはこちらをご覧ください。

Copyright 2010 近視を矯正しよう.com All Rights Reserved.