レーシックを永久にするための努力

人間の視力は、一般的に酷使していくことで悪化していきます。
視力はどんな人間にとっても大事なものですが、仕事の種類などによっては目を必然的に使う場合があります。
最近ではコンピュータなどを使う仕事内容も増えており、日本人が目を使わない場面は大きく減少しています。
わたしたちはこの世界において、自分の目を自分で守る必要があります。
目の問題は、現実的にわたしも経験しています。
実際に視力が悪いことは、生活でも大きな問題を引き起こしていきます。
例えば、テレビなどを見る場合でも、視力が悪いと画面により接近する必要があります。
また、コンピュータを使う場合でも、視力の問題は避けることができません。
わたしはこれらの目の問題から解放されるために、医師から勧められたレーシック施術を受けました。
このレーシック施術は、人間の視力を回復させるものであり、実際に視力を大きく回復した人もいます。
わたしがこの施術を受けた一番の目的は、少しでも元気な目を取り戻したいということでした。
目が良くなれば、実際の生活も大きく楽になります。
そして、ここから新しい仕事などを始めることも簡単です。
レーシック施術を受けた後、わたしは希望通りの視力を手に入れました。
この結果は大いに満足できるものであり、自分にとっての新しい世界も見えました。
しかし、医師の話によると、レーシック施術を受けた後でも、視力が悪くなることがあるそうです。
レーシックは永久のものではなく、通常の目のように酷使することはできません。
わたしの目は酷使することによって悪くなりましたが、回復した目も同様に悪くなる可能性があったのです。
そして、この問題を防ぐために、わたしは多くの努力をしました。
目を悪くしないためには、目を過剰に使わないことが最適です。
実際にパソコンをする時間を減らしたり、本などを明るい場所で読むだけで、目には大いに優しくできます。
わたしはこのようにして、現在でもレーシックで回復した視力を維持しています。
こちらにレーシックを受けた芸能人が紹介されているサイトがありますのでご覧ください。

Copyright 2010 近視を矯正しよう.com All Rights Reserved.