レーシック治療後の遠視がひどい人もいるけど

レーシック治療直後の遠視がひどくなるのはある意味当たり前です。
それでもチェックしたい人は老眼鏡でチェックすることをおすすめします。
+1.5くらいの老眼鏡をかけて近くが見えるようになり、遠くは少し見えにくいくらいなら、あまり心配する必要はないでしょう。
術後に角膜の形状が変化したり日々の生活で近視が進んでいくことで理想通りの視力に落ち着いてくると思います。
老眼鏡をかけることによって、近くを見ることはらくになったものの遠くを見るのもくっきり見えてしまう人は少し注意して術後の経過を見たほうがいいでしょう。
むしろしっかり定期点検をし、お医者さんに現状をしっかりとお話すべきです。
こうなる方の傾向としては、レーシック治療時に度を強く合わせ過ぎたことが原因かと思います。
さらに深刻なのが右と左の目で遠視に行き過ぎている度合いが違うことです。
年を重ねていくと年々調節力が落ちていき、近くを見るのが見づらく感じる方はますますピントが合わせづらくなってしまいます。
今は若いから大丈夫な方でも(若いと調節力で何とか見えたくする)、疲れやすくなっている可能性はやはり高いです。
これはメガネやコンタクトレンズでも言えることなのですが、メガネやコンタクトレンズの場合だと交換してしまえば済むのです。
しかし、レーシックの場合だとそういうわけにはいきません。
レーシック治療をされた方はどうこう言ってもしかたありません。
もう戻すことはできないので。
プラス思考に考えて遠くは見えるようになったんだから良しと思うのが賢明かなと思います。
現在は近くが見えづらいと思っていても人間慣れるものです。
日々過ごしていくうちに気にならなくなる可能性もありますので、術後すぐの方は経過を観察してからでいいかと思います。
このようにレーシック治療には一長一短があるので、リスクを覚悟の上に快適な裸眼生活を考えていかないと100%成功というのは現状ではまだ厳しいようです。
レーシック後の合併症などのトラブルについてはこちらにかいてあります。

Copyright 2010 近視を矯正しよう.com All Rights Reserved.