レーシックで近視の悩みを解消する

今話題のレーシック、私の周りでもかなり悩んでいる人の意見を耳にします。
私がレーシックを体験したのは、約2年ほど前になります。
友人がレーシックを先に体験し、病院も紹介してくれました。
小学校高学年から近視気味で、中w時代は、メガネのわずらわしさもあり、裸眼で通してきましたが、板書もしずらく、いつも席を前列にしてもらわなければなりませんでした。
高校時代からはコンタクトレンズに切り替え、メガネのわずらわしさからは解放されましたが、やはりコンタクトレンズを外した後が生活しづらく、どうしてもメガネも必要でしたし、夜間、急に目覚めた時など、メガネが見つからないと、すぐに移動もできないほど、視力が低下してからは、一人暮らしを始めてからも常に不安が付きまとっていました。
一番恐ろしかったのは、やはり震災などの災害時にもしもメガネがなかったらと考えることでした。
避難所でもメガネが不足していたと聞きましたし、とっさにメガネをかけて非難することができるかどうかということも心配でした、丁度そんな悩みを強く感じていた時に友人に勧められたのです。
私も、もちろん一通りの心配はしていました、なにせレーシックの歴史はまだまだ浅く、本当に永久的に視力が回復するものなのか、もとに戻るならまだしも、それ以下になってしまったら、最悪視力を失うようなことになってしまったらと考えるだけで、やはりやめておこうかと思うこともありました。
しかし、紹介してもらった病院の先生は、しっかりとカウンセリングを行ってくださり、さらに私の眼球はレーシック手術をするのに、特に問題のない健康な状態を保っているということで、今がチャンスという気持ちが、私のためらいを取り除き、背中を押してくれたのです。
そして、レーシック手術を行った現在も、術後取り戻した視力をそのままキープできています。
もちろん、定期的な健診は怠りませんし、すべての不安が払しょくされたわけではありません。
しかし、コンタクトをしなくても、すべてがクリアに見えるという喜びは、今や不安を押しとどめています。
生まれ変わったような感覚は世界を新鮮にさせてくれました。
こちらにレーシックのメリットについてかいてあるのでご覧ください。

Copyright 2010 近視を矯正しよう.com All Rights Reserved.