レーシックができない人が手術をするには

視力が回復できる手術として、レーシックの人気は非常に高くなりました。
毎年、若い人から高齢者まで多くの人が手術で視力を回復しています。
ほとんどの人に適応できる手術ですが、中にはレーシックができない人も存在します。
レーシック手術の特徴として、眼の角膜を矯正することがあります。
この手術を行なうには、眼の角膜を削るという作業が必ず必要になります。
そのため十分な厚さの角膜がないと、手術を受けることができません。
私も10年以上前にレーシックの手術を希望してカウンセリングをしました。
手術前に検査で角膜の厚さをはかりました。
残念ながら当時の私の視力状態では、手術に必要な角膜の厚さが足りませんでした。
強度の近視の場合、手術ではかなりの角膜を削る必要があります。
角膜の厚さが不十分だった私は、普通の手術をすることは難しいと言われました。
手術ができない人が手術をした場合、普通の方法では角膜の厚さが生活に必要な量より足りなくなってしまいます。
そうすると後に後遺症となって、眼に問題が発生する可能性が高くなります。
角膜の基準は決まっているので、他のクリニックで検査をしても同じように断られてしまいました。
当時はまだレーシックが始まって歴史が浅かったので、手術方法もそれほど多くありませんでした。
しかし最近は手術の機器も進化したので、手術方法も様々な種類が増えました。
インターネットで、角膜が薄くてもできる手術方法があることがわかりました。
再度カウンセリングに行ったところ、角膜の厚さが十分でなくてもできる手術がありました。
エピレーシックという方法を使うことで、角膜の厚さが足りなくても手術をすることが可能でした。
この手術は角膜の厚さが足りなくて、手術ができない人にも対応しています。
どうしても視力を改善させたい私は、この手術をする決断をしました。
数十分で手術が終わり、その後検査をして終了です。
数日後の検査も特に問題はありませんでした。
現在でも特に問題はなく、日常生活は快適に見えている状態です。
角膜の厚さが薄くてレーシックができない人でも、新し「手術で対応できる可能性が高くなりました。
レーシックの種類と特徴が比較できるサイトがありましたのでご覧ください。

Copyright 2010 近視を矯正しよう.com All Rights Reserved.